仕入れコストは下げられない

ビジネス街の一角で飲食店を経営して12年。
大儲けできるわけではないですが、いい常連さんに恵まれて毎日美味しいランチを提供出来る喜びを噛み締めてしました。

ですが昨年、常連さんが多数在籍している会社が事業縮小する為、支店を閉鎖することになってしまいました。
また、すぐ隣にワンコインランチを提供する店もできたせいで、売上はかなり落ちていまいました。

それでもなんとか頑張っていたのですが、材料費が高騰し、当店の看板メニューであるハンバークの食材の牛肉の仕入れ値も 以前とは比べ物にならないほど高くなっていました。

素材の品質を落とし、安い牛肉にすればコストは下げられますが、お客様を騙すような真似はできるはずもなく、 今まで通りの高品質な肉を仕入れ続けていました。

飲食業界で、食材費は全体の30%以下に抑えなければ利はでない、と言われていますが、当店は40%近くまでになっていました。
当然といえば当然ですが、利益分は段々と少なくなり、貯金を切り崩すしかなくなっていました。


仕入れの支払いにも使えるビジネスローン


銀行の追加融資はアテにならない!そんなとき・・・

もちろん、現在融資してくれている銀行に追加融資を申込みました。
返済を滞らせたことがないので、通貨融資には応じてくれるだろうと思っていましたが、甘かったです。
「追加融資はできません。このまま返済は続けてくださいね。よろしく」
と冷たく、言い放たれました。
ここ1~2年の経営状態は褒められたものではなく、赤字が続いていたのが原因しょう。

そして、ついに月末。
仕入れ代金の大部分をしめる、牛肉の支払いが近づいてきました。
もし支払いが遅れたら、牛肉の仕入れはストップされてしまいます。

今まで銀行以外から借金したことはありませんが、消費者金融ならキャッシングできるのでは?と思いました。
キャッシングする方法すら知らなかった私ですが、ネットで色々調べて審査を申込みました。

結果は融資は可能とのこと。
早速キャッシングをして、無事支払いを済ますことができました。

その後。
もちろん牛肉の質は落としていません。
付け合せのサラダや、スープを工夫して原価率を落とし、どうにか30%に近づけることに成功し、今はどうにか赤は出さずに頑張っています。

飲食店経営 43歳(男性)

このページの先頭へ