自営業の人がお金を借りる方法についてまとめました。社員の給料の支払いや仕入れの支払いなど急な資金需要や、つなぎ融資、当座の運転資金の借入などに対応するビジネスローンの紹介です。

個人事業主の方や社長様の生活費にも使えるローンも掲載中です。

最短60分で借りれるローン

自営業の方向け、事業ローンランキング

  • ビジネクスト

    アイフルが提供する事業者専用ローン
    事業融資なので、総量規制の対象外。急ぎの資金繰りにも使えます
    資金調達・つなぎ資金など活用方法はあなた次第。
    無担保・無保証で自由に借り入れができます。
  • オリックスVIPローンカード BUSINESS

    資金繰りが不安な方へ
    オリックスVIPローンカード BUSINESS最大の特徴は、最短当日中にお金を借りることができる点です。
    審査は最短で60分で完了します。 14時30分までの申込で、その日のうちに現金を引き出す事が可能。 金利6.0%~、最大500万円までの融資なので、仕入れの支払いや社員の給料など、広い使いみちで利用できますね。
  • ビジネスパートナー

    他社での融資を断られた方へ
    来店不要・保証人・担保不要のビジネスローン。
    迅速審査でスピーディーな対応。
    飲食店、建築業、運送業など幅広い業種の事業主さんに人気です。
    個人事業主の方もOK
  • オリコ エグゼクティブ ゴールド フォービズ

    ビジネス融資がの金利優遇が受けられる便利なクレジットカード。
    カード所有者は、オリコのビジネスサポートプラン(最高1,000万円)が通常より2%優遇。
    総量規制対象外なので、キャッシングですでに借入がある人でも申しこめます。

自営業者が生活費を借りるなら

 

自営業者・個人事業主の方が生活費として借りれるキャッシングサービスをまとめました。ビジネスの資金繰りで頭がいっぱいになり、社長の家庭の生活費はついつい後回しになりがちです。

ここでは、会社経営や個人商店として、事業を営んでいる人向け、最短即日で借りれるローンを紹介します。

 

借入審査が不安という方も一度お試しください。

最短1時間で借りれるキャッシングサービス

  • アコム

    審査回答まで最短30分。
    忙しい社長さんに、スピーディーなサービス。
    利息は利用日数分だけなので、賢く利用できますね。
  • モビット

    忙しく働く自営業者さん、個人事業主の見方!
    「PC・スマホからWEB完結」 でスムーズに借り入れ
    電話連絡なしだから、社長の手を煩わせません。
    ※お借り入れは安定した収入がある方に限ります。

自営業でも借りれるところをお探しですね?

自営業(法人・個人事業主を問わず)で、お金に困った経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
私自身、法人の役員として飲食店を経営していますが、開業から軌道に乗るまでは、資金調達をするのに苦労の連続でした。

夢をもって始めた自営業。
自己資金が豊富で、お金がなくなったら貯金を崩したらいい、困ったときは家族や友達が手を差し伸べてくれる 、などと、恵まれた環境の人はほんのひと握りではないでしょうか?

大抵の方は夢や希望に向かい、起業したにも関わらず、始めの数ヶ月は思ったほど結果が出ないとのデータがあります。
こんなはずではなかった…… お金がない。 誰か助けてほしい。 今、お金があれば…… と思う時は何度もあるのではないでしょうか?

ここを乗り切ればきっと扉が開けるのに。
この商品を仕入れることができれば売上倍増間違えないのに。
銀行融資や公的機関に追加融資を申し込めばいいかも知れませんが、審査機関が長く待ってられない。

一刻を争う事態なのに、どうすればいいのだろう。
やれることを全てやった後の失敗なら、後悔や反省はすくなくります。

でもあの時お金がないから諦めた。
もしあの時お金があれば……
きっぱりと事業をやめた方がいいのでは? と悩まれている方には、ぜひこれからご紹介する資金調達の方法や、同業者の悩みの解決方法に目を通してください。

危機を乗り切った方々の投稿の中に、解決のヒントが見つかるかもしれません。
あの時やめずに続けていて良かった。と思える日が来ることを願ってこのサイトを作りました!
運転資金や事業の資金繰りで日々悩んでいる方は参考にしてください。

>>私が借りた事業用無担保ローンはこちらです

開業後どれくらいで借りれる?

事業をやっていたら、資金がショートするということは珍しくありません。
売上代金は回収できないにもかかわらず、仕入れや人件費、宣伝や設備投資のために資金は必要になります。

現金が残っていないので儲かってる実感はなくても、決算すると利益が出ているために税金を支払うというような場合もあります。
その結果税金を支払うお金が足りないことも生じてきます。
事業をやる以上は資金が足りなくなるのは当たり前です。

なので、どこかから資金を調達してくる必要があります。
事業計画の策定が重要であることは言うまでもありませんが、中でも資金繰りの管理が大切です。

そこを無視すると現実にはその計画は破綻しかねません。
儲かっている事業をしているにもかかわらず経理や帳簿を怠ったがために倒産したという話はよくあることです。

いわゆる事業者向けのカードローンや個人事業主を対象にしたキャッシングは、開業から1年以上経過していると、審査とおる可能性が徐々に高くなります。

もちろん業種にもよりますが、製造業、サービス業など多くの業種での年数の目安が1年です。
逆に言うと1年未満は民間の貸金業者からの借入が厳しくなります。

なので、事業計画を作っている段階で資金不足を想定しなければいけません。
資金不足になる前に資金の調達先を確保しておく必要があると言えます。

このページの先頭へ